司会者、作家、女優としても活躍している阿川佐和子さん。

 

毎週土曜朝7:30から放送している人気番組「サワコの朝」では

ゲストといつも軽妙なトークを繰り広げて、ときには質問しにくいような鋭い質問を投げかけて、

たくさんの貴重なお話を引き出させてくれます。

 

そんな1500人近い人をインタビューしてきた阿川さんが今までで1番感動した話をした対談相手は誰なのか?

調べてみました。

スポンサードリンク

 

阿川佐和子が1番感動した話をした対談相手は誰?

2011年からスタートした「サワコの朝」で

これまで数多くの芸能人、スポーツ選手、政治家、歌手などあらゆる分野のかたにインタビューをされてきた阿川佐和子さん。

阿川さんの「聞く力」と「質問力」で、今まで知られていなかったその人の意外な部分や表情が垣間見ることができました。

 

そんな阿川さんが、5月9日に放送された「1番だけが知っている」で

これまでで1番感動した対談相手について話していました。

 

私も「サワコの朝」のファンでいつも見ているので、誰だろうなぁ〜と考えたのですが・・・

最近で言えば、平昌オリンピックに出場し念願の銅メダルを獲得した高梨沙羅さんや

ご自身の闇を赤裸々に語った元SMAP香取慎吾さん

結婚前に出演した堀北真希さん

女子サッカー界のレジェンド澤穂希さん

フィギュア界のレジェンド浅田真央さん

と、言い出したらキリがないくらいで、見当がつきませんでした^^:

 

誰だろうな〜誰だろうな〜と思っていたんですが、意外なかたでした。

 

それは・・・元レスリング日本代表選手の浜口京子さんです。

 

そのときのやりとりを含めて阿川さんがなぜ1番感動したのか?書いていきます。

 

 

浜口さんは、三度目の出場となったロンドンオリンピックでは、悔しくも初戦敗退。一緒に出場した、吉田沙保里選手・伊調馨選手・小原日登美選手は金メダルを獲得していて、浜口さんだけがメダルを取れなかったのです。

「サワコの朝」に出演することになったのが、ロンドンオリンピックが終わったあとのことだったので、阿川さんも「正直、どんな質問をすればいいのだろう」と悩んだんだそう。

いざ収録となり、オリンピックの話題はどうしても避けられないと、オリンピックが終わってからの心境を聞く阿川さん。

そこで浜口さんからは予想もしなかった答えが聞かれました。

「負けたのはすごい悔しかった。」「ほかの3人がメダルを獲得したことは、本当に嬉しいなって思う。」「ただ、3人のメダリストが揃って記念撮影をしているのを、横で待機してみているのは少し辛かった。」「もっともっと戦いたかったけど、現実を受け止めないといけない。負けたからこそ、学べることもたくさんあった。」

下向きながら、少し涙が出るのをこらえているように、だけど真摯に答えている浜口さんの姿を、阿川さんは驚きの表情と少し涙目になりながら見つめていました。

そして「ほかの3人からどんな声をかけられたのか?」という質問には

「ひとちゃん(小原日登美)は、『3回オリンピックに出場できるだけでもすごいことなんだよ!!京子ちゃんはすごいんだよ!!』って言ってくれました。ほかのメンバーも誰かしらがそばにいてくれて支えてくれた。」

と答えていました。それは、本当に嫉妬や妬みなどはなく、支えてくれた仲間への感謝の言葉に聞こえました。

阿川さんは、収録の前に思っていた「オリンピックで負けてしまった人に何を聞けばいいのだろう」という思いを情けなく恥かしく思ったそうです。

「自分も、昨今の、『メディアの良い成績を残したメダリストのみに注目をする』という考えを持つ1人じゃないか」

「本当は敗者から得るもののほうが多いのではないかと考えていかないといけない」と話していました。

 

 

私もこの番組を見ながら思わず涙が出ました。

光になっている部分だけが全てではない。

影になっているところにこそ、学ぶべきことがあるのではないか。

そう思いました。

スポンサードリンク

 

こちらは番組を見た方の感想です。↓

https://twitter.com/shiroharu3/status/994198720450248705

 

https://twitter.com/sayublue/status/994197827747176448

 

スポンサードリンク