日本のお隣の国で海外旅行先として人気な韓国

円安のときのピーク時からは、日本人旅行者数は減少傾向にあるようですが、

第2次K-POPブームの到来で、またまた人気が復活しそうです。

なにより韓国は気軽に行けるという点がいいですよね。

そんな韓国旅行で航空券が安くなる時期や各月のおすすめな点をまとめていきたいと思います。

ちなみに日本各地からの飛行機の所要時間はこちらです。

  • 北海道・新千歳   約3時間
  • 東京        約2時間半
  • 名古屋       約2時間
  • 大阪        約2時間
  • 福岡        約1時間半
  • 沖縄        約2時間

安い時期?9月・10月のおすすめは?

この時期は、気温的にもとても過ごしやすく、夏休みが終わって航空券などもセールであったり安くなるので、旅行にはとてもおすすめなシーズンかと思います。

秋晴れだと、気持ちよく街を歩けるでしょう!

9月〜10月の間で毎年旧暦の8月15日にあたる日の前後3日間は、秋夕(チュソク)といって日本で言うところのお盆があります

地方からソウルに出てきている人たちが故郷へ帰省するため、民族の大移動なるものがあるようです。
電車や高速道路などは帰省する人たちで大変混雑するようなので、お気をつけください。

またソウル市内のお店も、閉まっているところも出てくるそうなので、9月〜10月に韓国への旅行を計画しているかたは、ご旅行前に秋夕(チュソク)の日もお調べいただくといいと思います。

それでは日本各地からソウルへの片道の航空券の代金です。(LCCの格安航空会社も含んでおり、時期によってはセールなどもあるので、あくまでも目安としてお考えください)

  出発地              航空券(最安値)

  • 北海道・新千歳    (9月)8,000円~ (10月)7,000円~
  • 東京         (9月)9,000円~ (10月)9,000円~
  • 名古屋        (9月)9,000円~ (10月)8,000円~
  • 大阪         (9月)6,500円~ (10月)6,500円~
  • 福岡         (9月)4,000円~ (10月)4,000円~
  • 沖縄         (9月)6,500円~ (10月)6,500円~

夏休みあとなので、北海道からの出発もお安くなっているようなので、やはり狙い目ですね!!

安い時期?11月・12月のおすすめは?

この時期のソウルは秋が終わり、冬に入ったといってもいいくらいにぐっと寒くなります。

11月の平均気温は上旬は10度ほどですが、下旬にもなると5度以下まで下がりますので、北海道と並ぶくらいです!!
12月は氷点下の日もでてきますので、この時期の旅行は寒さとの戦いとなりそうです。

ですが、見どころもたくさんあるんです。

ソウル市内は、11月に紅葉のピークを迎えるので街路時が黄色く染まった美しい景色を見ることができたり、

キムジャン作業といって1年分のキムチを一気に作る時期ということで、市内ではキムチ作りが体験できるイベントなどもあるようです。

また、テレビで見かけたこともあるかたもいらっしゃるかと思いますが、韓国人が重要視する家族・親戚一同・友達からの大声援をうけて挑む「大学入試試験」があるのも11月なので、日本とは違う応援方法(?)を目の当たりにすることができるかもしれません!!

12月は冬のセールが開催されるので、ショッピング目的のかたにとってもいいかもしれません。

そして何と言っても、寒くなってからの屋台は最高です!!焼酎を1杯飲んで、韓国オデンを食べると冷えた体もあたたまるかも!!

  出発地            航空券(最安値)

  • 北海道・新千歳    (11月)14,000円~ (12月)12,000円~
  • 東京         (11月)10,000円~ (12月)10,000円~
  • 名古屋        (11月)11,000円~ (12月)11,000円~
  • 大阪         (11月)11,000円~ (12月)10,000円~
  • 福岡         (11月)10,000円~ (12月)9,000円~
  • 沖縄         (11月)15,000円~ (12月)11,000円~

全体的にそこまで安くはならないようです。とくに年末は高く設定されているようですね。
各航空会社のセールなどに期待しましょう!

スポンサードリンク