4月4日にアメリカ・カリフォルニア州サンブルーノのYouTube本社内で発生した銃撃事件。

けが人3人が重軽傷で病院に運ばれました。

犯人のナシム・アグダム容疑者は、現場で死亡が確認されました。

犯行動機なども徐々に明らかになってきていますが、ナシム容疑者がYouTube対する不満などがあり、恨み目的での犯行の可能性もあるとわかってきました。

ナシム容疑者のYouTube動画やアカウントはどうなっているのでしょうか?

スポンサードリンク

 

ナシム・アグダムの顔画像は?

こちらが、今回の事件の犯人と判明した、ナシム・アグダム(39・アメリカ・カリフォルニア州在住)容疑者。

普段からYouTubeに動画投稿をしていたそうです。

ナシム容疑者の情報としては、動物愛好家やビーガンだったということも出てきています。

ビーガンとは、卵や乳製品を含む動物性食品を一切食べない「完全菜食主義者」です。

そのためか、画像からもわかるように痩せ型ですよね。

そのほかの画像です。↓

  

スポンサードリンク

 

ナシム・アグダムのYouTube動画やアカウントは?

今回の犯行動機として、ナシム・アグダム容疑者が自身が投稿した、動物虐待反対を訴える動画などが勝手に削除されたことなどに関して、YouTubeに対して不満や怒りがあったことが要因として上がっています。

 

フォロワーも5000人ほどいたという情報もあり、普段どのような動画をアップロードしていたのかが気になります。

2015年ごろから動画投稿をしていて、中には30万回再生された動画もあったそうです。

 

現在のアカウントについて調べてみましたが、事件があってからYouTube側が、ナシム容疑者のYouTubeアカウント、インスタグラムアカウント、フェイスブックアカウントなどを削除しており、今はもう見ることができなくなっているようです。

 

ナシム容疑者のチャンネルをフォローしていた人が、もしかすると、アップするかもしれないですね。

海外のニュース映像の中に、ナシム容疑者の投稿したと思われる映像が入っていました。↓

 

少し異様な不思議な雰囲気も感じます。

 

まとめ

今回は、YouTube本社の銃撃事件の犯人、ナシム・アグダムのYouTube動画やアカウントについて書いていきました。

ネットでも今回の事件に関して、様々な声が上がっていましたので、注目度の高いニュースということがわかります。

今の時代に、いろいろと考えさせられる、悲しい事件だったなと思いました。

 

スポンサードリンク