4月4日(水)に、アメリカ・カリフォルニア州サンブルーノにあるYouTube本社で銃撃事件が発生したというニュースが入ってきました。

事件で3人の重軽傷者が出て、現在病院で手当をうけているそうです、

犯人とされる女は現場で死亡。自殺とみられています。

犯人は死亡しておりますが、犯行の動機が気になるところですので、

調べてみました。

スポンサードリンク

 

YouTube本社銃撃事件!

日本時間4日午前4時ごろ、アメリカのカリフォルニア州サンブルーノにあるYouTube本社内のカフェテリアで銃撃事件が発生しました。3人の重軽傷者が出ていて、現在も病院で手当をうけているとのことです。

犯人は、現場で死亡が確認されており、自殺とみられています。

 

 

 

YouTube本社銃撃事件の犯人は?

 

今回の事件の犯人は、カリフォルニア州在住、イラン系のナシム・アグダム容疑者(39歳)。

普段から頻繁にYouTubeに動画を投稿していたようです。

当初は、被害者の中に容疑者の恋人がいるという報道もありましたが、最新の警察の発表では、特定の人物を標的にしたという証拠はないとのことです。

ツイッターなどでもデマも多く出回っているようなので、恋人を狙ったというのはデマだったのでしょうか。

犯人の女の犯行動機はYouTubeへの不満?

そして気になるのが、犯行の動機です。

アメリカで銃撃事件が発生したと聞くと「テロ?!」?!という言葉が頭をよぎってしまいましたが、今回はテロではないようです。

犯人は、YouTubeに動画を投稿していてYouTuberだったようですので、広告収入などで生活していたと思われます犯人の父親が事件のあとに「視聴者減少を気にしていた」「広告の収入が減らされたと言っていた」と証言もしていて、犯人も事件前に投稿した動画の中で、「自分のことを差別している、投稿をフィルタリングしている」という内容でYouTubeを批判していたそうです。

また、動物愛護の目的で動物虐待反対の動画をあげたら勝手に削除されたということも言っていたということです。

YouTubeのポリシー強化がされ、投稿動画削除やチャンネル収益減少があり、それが不満の要因ではないかというのが可能性として高いかと思われます。

犯人のアカウントはYouTubeによってすでに削除されているそうです。

被害にあわれたかたは、何も関係ないと思うと本当にいたたまれないですね。

スポンサードリンク

まとめ

今回は、4月4日にYouTube本社で起こった銃撃事件について書いていきました。

犯人はカリフォルニア州在住のナシム・アグダム容疑者。(現場にて死亡が確認)

犯行の動機のついては、犯人が普段かYouTubeに動画を投稿していて、投稿動画削除やチャンネル収益減少に関してYouTubeに不満があったからではないかと考えられます。

個人でも動画投稿が簡単にできるようになっている中、こういった事件が起こってしまい、他人事と思えないかたも多くいらっしゃると思います。

YouTube側と投稿する側で相違がないよう、運営なども考えていく必要があるのかなと思いました。

 

スポンサードリンク