4月1日(日)夜に発生した、加山雄三さんが所有する「光進丸」の炎上事故

約11時間後の2日朝にやっと鎮火したということで、大惨事だったようです。

加山雄三さんは沖縄でコンサートをしていて、ほかにもけが人がいなかったことが不幸中の幸いかと思います。

 

「光進丸」の出火原因が何なのか気になります。

放火の可能性も有りうるのか、調べてみました!

スポンサードリンク

 

加山雄三の船「光進丸」の出火原因は何?放火の可能性も有りうる?

4月1日夜に飛び込んできた、加山雄三さんが所有する船「光進丸」が炎上しているというニュース。

第一報が報道されたときにはまだ炎上しているところで、船が火の中に飲み込まれている映像に、驚きました。

そしてそれが、加山雄三が所有している船ということで、さらに驚いたとともに、「加山さんは無事なのか?」と心配をしました。

ですがすぐに、加山さんご本人は、沖縄でコンサートに出演しているということがわかり、「無事でよかったー」と安心しました。

 

私が眠るときにはまだ鎮火には至っておらず、地元の消防が必死に消火活動をしているところでありました。

朝起き、ニュースでやっと鎮火に至ったことがわかりました。

海の上での火災は、大変なのでしょうね。

 

そして今回、なぜ加山さんの船が炎上してしまったのか?といったとことが非常に気になります。

炎上しているのは、近所の通報で発覚したそうで、そのかたの証言では、「ドカーンという大きな爆発音が2回聞こえた」そうです。

夜だったので、静かな港周辺はそうとうな衝撃だったでしょうね。

爆発ということで、ネットなどでは、「誰かが放火したんじゃないか?」という声もありました。

ですが、県警下田署の発表では、現状、放火の可能性は低いとみているとのことです。

加山さんの船は当時、安良里港の沖合20メートル付近に停留していたようなので、放火をするのは難しいという見解のようです。

たしかに、大規模な道具や、爆発物を使うなどしないと、ここまでの火災にはならないですよね。

また、出火当日にエアコンなどの点検を行っていたそうで、電気系統のトラブルの可能性も考えられるということです。

出火原因に関しても引き続き調査中ということなので、発表を待ちましょう。

スポンサードリンク

 

まとめ

加山雄三さんの船「光進丸」が炎上してしまうという悲しいニュースについて。

出火原因は何なのかは現在まだ調査中の段階で、放火の可能性は低いとみられているということでした。

2日夜に記者会見を開いて、憔悴しきっている加山さんの姿に、心配の声が上がっていますね。

加山さんの歌のタイトルにもなっている「光進丸」、加山さんも「人生の相棒」とおっしゃっていたので、そうとうショックなことが伝わってきます。

今すぐに立ち直るのは難しいかもしれませんが、どうにかこの悲しみを乗り越えていただきたいです。

 

 

スポンサードリンク