5月22日(火)、日本大学アメフト部による反則行為で、関西大学の選手にけがをさせた問題のタックルを行った選手である宮川泰介選手が顔出し、実名公表で記者会見を開きました。

その記者会見が正々堂々と謝罪をし立派だったと話題になっています。

 

宮川泰介選手はなぜ誠意ある会見ができたのか?

このような立派な会見ができる宮川泰介選手の性格が気になりましたので調べていきたいと思います。

 

どうぞ最後までご覧いただければと思います。

 

スポンサードリンク

日大アメフト宮川泰介はなぜ誠意ある会見ができた?

今回の会見は、完全に宮川泰介選手個人としての会見で、大学側はいっさい関わっていないものです。

詰めかけた大勢の記者やカメラマンを前にして、20歳の宮川選手は弁護士と一緒に、本当に立派に会見に挑んでいました。

本来は大学の関係者や、内田監督、コーチも同席して行うべきものではないか、と疑問に思いましたね。

冒頭の弁護士の方からの今回の会見についての説明の中で「顔を出さない謝罪はないという」という言葉が印象的でした。

 

 

会見の中で宮川選手は何度も謝罪の言葉を述べていました。

 

まず最初に本件によりケガをさせてしまった関西学院大のQB選手、ご家族、関西学院大学アメリカンフットボール部とその関係者の方に大きなご迷惑をかけたことを深くお詫びします。本当に申し訳ございませんでした。

 

例え監督やコーチに指示されて、自分でやらないという判断ができず、その結果、卑劣な行為で相手の選手にけがをさせてしまった。真実を明らかにすることが償いの第一歩だと思い、陳述書を書きました。本当に申し訳ございませんでした。

 

 

宮川選手に涙はいっさいなく、本当に心から反省し、被害者への謝罪の気持ちがあることが、伝わってきました。

言わされている、強制されている謝罪ではないことがはっきりとわかりました。

 

 

そして、今後について記者から質問があったのですが、その答えが聞いていて本当に苦しいものでした。

 

もちろん僕がアメリカンフットボールを続けていく権利はないと思ってますし、この先、アメリカンフットボールをやるつもりはありません。今のところ、何をしていくべきかもわからない。

 

宮川選手は高校からアメリカンフットボールを始めたそうで、まだ大学生。

今後、社会人や日本代表として活躍する舞台があったかもしれない・・・!

と思うと、もったいない。そう思いますね。

たった一つの行動がこのように、1人の青年の未来をこんなにも変えてしまったことが、本当に残念だなと思います。

ただ、このような経験をする人は世の中に数少ないと思います。

そこからそのまま堕落していくのか、これをきっかけに良い方向に持っていくのかは、本人次第です

なぜ宮川選手はこのような立派な会見をすることができたのか?

それは今後、宮川選手の生き方から見えてくるのではないでしょうか。

 

 

日大アメフト宮川泰介、性格が立派?

日大側の対応とは違い、正々堂々と会見に臨んだ宮川選手。

どのような性格なんでしょうか?

普段から立派な性格をしているのでしょうか?

 

同級生のかたの話などから

最近はスランプ気味で、試合に出られないことに落ち込んでいたそう。

今回の問題の試合のあとも、ロッカールームで泣いていたそうです。

今回の問題があったときも、そうとう追い詰められていたようですので、

繊細な青年だったのかと思われます。

 

そして、反則行為に対しての罪悪感や反省の気持ちが強いことが会見からも伝わってきたので、

正義感や誠実さをもったかたなのではないかなと思いました。

スポンサードリンク

 

まとめ

日大アメフト部の宮川泰介選手が会見を開き、その誠意ある態度が立派と話題になっています。

やったことは決して正しいことではありませんが、そのあと、きちんと会見を開き、被害者や家族に対して誠心誠意込めて謝罪をしている宮川選手はとても立派だなと思いました。

なぜこのような会見を開くことができたのか、決心ができたのか、宮川選手の性格や周りに素晴らしいかたがいらっしゃったからではないかと思います。

今回のことが、宮川選手にとって、人生を変えることになる出来事になったと思いますが、このような自分の言葉で謝罪をし、責任を背負うことのできる宮川選手なら、正しい道に進んでいけると思います。

そのように頑張ってほしいと願っております。

 

スポンサードリンク