こんにちは。

6月10日(日)放送の「鉄腕ダッシュ」のDASH海岸というコーナーで「人殺しウナギ」の捕獲に挑戦するようです。

”人殺し”って、捕獲して大丈夫なんでしょうか??^^:

超巨大で、猛毒があって、鋭利な歯で噛みつかれる、とかそんなのを想像してしまいます。

実際の姿は….!

見た目がグロテスクで気持ち悪いと話題になっている

「人殺しウナギ」の正体とは一体?

画像もあわせてお送りしますね!

どうぞ最後までご覧ください。

スポンサードリンク

人殺しウナギって何?

今回鉄腕ダッシュで登場した「人殺しウナギ」は別名でありまして

その正体は「イラコアナゴ」という深海生物で

こちらはスーパーでも買えるそうです。

「穴子の蒲焼」として売られているんだとか!

皆さん知らぬ間に食べているかも…?!

私は初めて聞きましたが、なんでアナゴなの?って思いました(笑)

ちょっとややこしいですよね。

そして、どうして”人殺し”という恐ろしい名前で呼ばれるようになったのかですが

ホラアナゴ科の英語名Cutthroat Eel」(カットスロートイール)

Cutthroatが人殺し

Eelがウナギ

ということで、「人殺しウナギ」と呼ばれるようになったんだそう。

その性格も凶暴で、自分よりも大きい深海魚や深海生物にも喰らいついて飲み込んでしまうんだそう。

おっかないー

なので、人殺しというのは、人を飲み込むとかではなく、英語名を直訳した呼び方ということですので

ひとまずご安心ください。(笑)

人殺しウナギの見た目がグロテスクで気持ち悪い画像はこちら!

そんな「人殺しウナギ」ですが、番組でも登場していましたが少々見た目がグロテスクでして

気持ち悪いです。。

深海魚って、普通の魚よりも変わった見た目のものが多いですもんね。

人殺しウナギ(イラコアナゴ)も深海生物なのでしょうがないです。

 

画像はこちらです。↓

ウナギとかアナゴって感じしないですね。

ウツボのようにも見えます、

とりあえず、気持ち悪いかも^^:

触るのは躊躇してしまいますね〜

 

スポンサードリンク

まとめ

今回は、6月10日(日)放送の鉄腕ダッシュで、「人殺しウナギ」の捕獲に挑戦するという内容だったので

人殺しウナギとは何?と、そのグロテスクな見た目をした姿を画像でお届けしました。

人殺しウナギの正体は「イラコアナゴ」という深海生物で、意外にもスーパーでは蒲焼としてや加工品でも使われているようなので、皆さん口にしたことがあるかもしれませんね。

人を噛み殺すとかではなく英語名「Cutthroat Eel」(カットスロートイール)を直訳すると、「人殺しウナギ」となることからそう呼ばれるようになったんだとか。

すごく勉強になる放送回でした。

スポンサードリンク